2017/06
    ≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
    こんな人です

    きりく

    Author:きりく
    職業:かあちゃん
    趣味:モノ作り
    家族:おとうさん
       技の1号(10才)
       力の2号(8才)

    ドラゴンレーダー
    1
    最近こんな事があったようです
    うれしいコメント
    さえずってます
    おおまかに分けてみました
    飛びます
    毎月色々あるもんですね
    皆々様のおかげです。
    いくつになったの
    点取り占い
    点取り占いブログパーツ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


     
    LaQ芸術祭グランドチャンピオン発表。
    第11回LaQ芸術祭2009年度年間グランドチャンピオンの発表がありました。


    ジュニア部門・一般部門ともに素晴らし~い!!

    何この躍動感。ディテールの細やかさ。
    どちらの作品も、今にも動き出しそうです(・∀・)イイ!!


    その他の入賞作品もおもわず感心してしまうものばかり。

    パーツ数が少なくても、発想力と観察力・構成力があれば
    入賞出来るんだ・・・と希望の光が見えました☆
    発想力・観察力・構成力ともに持ち合わせてないから、やっぱダメかorz


    +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


    ギャラリーのレベル4にイセエビが追加。
    最近の1号にしては珍しく「かあちゃん、いっしょに作ろうよ~!」とおねだりしてきました。

    保育園から帰ってからね~☆と約束すると、お迎え時に母の顔を見た途端
    「かあちゃん!帰ったらイセエビだよね(*゚∀゚)=3ムッハー」とwktk顔で手を引く1号。


    帰宅してすぐ製作開始。

    1号は朝のうちに口元部分は組んでいたようで、その続きで腹や背中部分を組み始めました。
    「かあちゃんは足担当ね!」ハイハイ、了解ですお。


    組み始めて10分足らずで「かあちゃん、遊びに行って来ても良い?」('A`)
    君が一緒に作ろうって言い出したんじゃないか。

    母「作ってから遊びに行けば?」
    1号「・・・難しいもん」
    母「じゃあ、簡単なところを作れば良いじゃん。尻尾とか」
    1号「え~、無理~★」

    結局下半身~尻尾を組み上げてから2号を連れて公園へ。
    仕方無しに残りは母が組みました。


    954.jpg


    エビラ来襲☆
    赤のパーツが足りなかったので、オレンジ・黄色で代用しました。

    何だか「半分だけ茹でられちゃいました」的な色合いですがw
    外殻はわざとLaQパーツの裏を使ってイセエビのゴツゴツ感が表現されています。リアルだ。


    +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


    夜、帰宅した旦那が大きなイセエビにビックリ。

    旦那が「1号が作ったの?すごいなー!」と尋ねると
    1号の答えは「・・・違う。かあちゃんが作った」。

    母「尻尾とかは1号が作ったんだよ」
    1号「でも、ほとんどかあちゃんが作った」
    割合的には3:2くらいだと思うんだけど(´・ω・`)


    母を立ててくれているのか、それともまた拗ねちゃったのかな?
    難しいお年頃です。


    スポンサーサイト


     
    Secret
    (非公開コメント受付不可)

    探しましょう
    RSSリンクの表示
    ケータイからも見られるようです
    QR
    ブログ主に物申す

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。