2017/07
    ≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
    こんな人です

    きりく

    Author:きりく
    職業:かあちゃん
    趣味:モノ作り
    家族:おとうさん
       技の1号(10才)
       力の2号(8才)

    ドラゴンレーダー
    1
    最近こんな事があったようです
    うれしいコメント
    さえずってます
    おおまかに分けてみました
    飛びます
    毎月色々あるもんですね
    皆々様のおかげです。
    いくつになったの
    点取り占い
    点取り占いブログパーツ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


     
    キリクと魔女。
    皆様『キリクと魔女』というアニメーション映画をご存知でしょうか?


    kirikou1.jpg kirikou2.jpg


    数年前にNHKの夏休みだか冬休みだかのアニメ特集で
    『キリクと魔女』『キリクと魔女2』が放映されました。

    どちらもDVD録画して保存していたのですが
    1号がとても気に入って繰り返し観ていました。


    先日、久々に観ようと取り出したところDVDが傷だらけで再生出来ずorz

    観られないと思うと観たくなるw
    結局ビデオ屋さんでレンタルして来ました。


    ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


    アフリカのある小さな村に生まれたキリクは、おかあさんのお腹に居る時から言葉を話し
    自力でお腹から生まれ、出て来た途端に歩き始める・・・という超人的能力の持ち主。

    しかも聡明な上、風のように速く走る事が出来ます。


    キリクの生まれた村は長い間悪い魔女に苦しめられており
    殆どの男達は魔女に殺され、残っているのはキリクのおじさんと頑固者の長老のみ。

    残された女達や子供達は魔女に怯えながらも、何の対抗策も考えないまま日々を過ごしている。


    魔女は隙有らば子供達をも連れ去ろうと、魔法を使ったり手下の使い魔を差し向けますが
    賢いキリクが知恵と勇気で村を守り、遂には魔女を退治する・・・というお話。


    ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


    舞台はアフリカですが、制作はフランス。

    スタジオジブリの高畑勲監督がこの映画を見て感動し
    日本語吹き替え版を製作・劇場公開させたとの事。


    この映画の素晴らしいところは内容は勿論、美術性の高さと民族音楽の美しさ。

    画面から溢れ出る色彩の波に目を奪われます。
    ひとつひとつのシーンが絵画のようです。


    日本語吹き替え版のキャストは、キリク役に幼少期の神木龍之介くん
    魔女役は浅野温子さんです。ドスが利いてます。


    +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


    ちなみに、私のHNはこのキリクから頂戴しました。
    キリクのように賢くなりたいという願いを込めて。


    コラコラ。名前負けとか言わないの。


    スポンサーサイト


     
    Secret
    (非公開コメント受付不可)

    探しましょう
    RSSリンクの表示
    ケータイからも見られるようです
    QR
    ブログ主に物申す

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。