2017/07
    ≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
    こんな人です

    きりく

    Author:きりく
    職業:かあちゃん
    趣味:モノ作り
    家族:おとうさん
       技の1号(10才)
       力の2号(8才)

    ドラゴンレーダー
    1
    最近こんな事があったようです
    うれしいコメント
    さえずってます
    おおまかに分けてみました
    飛びます
    毎月色々あるもんですね
    皆々様のおかげです。
    いくつになったの
    点取り占い
    点取り占いブログパーツ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


     
    西村雅彦のヅラは反則だろ。
    先週末、近所のビデオ店が旧作1本100円レンタルをしていたので
    クレヨンしんちゃんのTVシリーズ、トムとジェリー、キン肉マン
    そして、原作が無茶苦茶恐かった映画『黒い家』(日本版)を借りました。


    961.jpg


    その昔、小説『黒い家』(原作/貴志祐介)を読んだ時。

    フィクションだと解っているのに鳥肌が立つ程恐くて恐くて
    でもその後の展開が気になってページを捲らずにはいられないような。

    完全に主人公と気持ちがシンクロしてしまい、殺人鬼と化したおばちゃんが執念深く
    どこまでも追いかけてくる様に冷や汗をダラダラ流しながら完読したものでした。


    ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


    映画版を観るのは初めて。

    小説を読んだ時のような背筋が凍る恐さを体験出来るかと
    ドキドキしながら再生ボタンを押したのですが・・・


    地方の遊園地のお化け屋敷に1人で入っちゃった的な恐さと言うか。


    真っ暗な通路を進みながら「あ~、そろそろ何かが飛び出して来るんだろうなぁ(´・ω・`)」
    とか考えてたら本当にお化けが飛び出してきて。

    しかも、出て来たお化けが西川のりおのオバQだった・・・みたいなw

    怖がらせようとしてるんだか笑わせようとしてるんだか良く判んなかった('A`)


    ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


    本日、弟との会話。


    私「黒い家の映画版観たよ~」
    弟「ふ~ん。どげだった?」
    私「うーん・・・ネタみたいなシーンが多くて、原作のイメージとは随分違うわ」
     「大竹しのぶが服捲り上げて『乳しゃぶれー!!』(※恥ずかしかったので小声になった)って言うんだよ?」
     「なんじゃそれって思わん?」
    弟「あー、それは・・・」
     「日本の女優は『脱いだら演技派』みたいな風潮があるからねぇ( ´_ゝ`)」


    ・・・演技派がどうのこうの関係無いじゃん。


    注)ちなみに、しのぶは脱いでません。(←乳のみ代役らしいですぞ)


    スポンサーサイト


     
    Secret
    (非公開コメント受付不可)

    探しましょう
    RSSリンクの表示
    ケータイからも見られるようです
    QR
    ブログ主に物申す

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。